就活の必勝法とは

  学生から就活にていて良く相談される。

どうしたら、就活で成功するのか?

何を、どう、準備したら良いのか?

自分はどんな企業が向いているのか?

自分はどんな職種が向いているのか?

なにせ、就活は彼らにとって初めて事でありながら、学生時代最大のイベントである。

不安と期待を抱きつつ、就活に入っていく。

出来るだけ、わかりやすく、しかも個別にアドバイスする必要がある。

しかし、これまで多くの学生と接してきた経験上で、必勝法なるものがわかってきた。

 要は「希望する企業から、欲しい人材と思われるか?」という事である。

どんな学生が求められるのか?それは企業にとって異なるが、共通点も多い。

「学業」が標準以上であることが望ましいのは当たり前として、最も重視されるのは

「人間力」である。「社会人基礎力」と言っても良い。

1.明るく爽やかに笑い、通る声で大きくハキハキと答える。

2.基本的な社会常識とエチケットを身につけ、敬語を当たり前に話せる。

こんな所は、常識と思われるが、意外に身につけていない学生も多い。

3.自分の強み、弱みを認識している。

4.自分の適性と職業について良く考えていて、職種、業種を選んでいる。

5.入社後の自分の会社人としてのイメージを持っている。

これは、自己分析や企業選択の時に、彼らが一番悩むところでもある。

6.文書、または口頭で、自分を表現し、面接者に印象づける話ができる。

7.学生時代に、一生懸命に取り組んだ経験(部活、ゼミ活動、研究)を持っている。

8.学生時代に、部活やゼミ活動で、大いに人間的成長を実感した経験がある。

(1)要は、先生や先輩後輩の関係でもまれ、人間関係を悩み考え、乗り越えてきたか?

(2)単位目的の学習のみで無く、興味ある課題を設定した自主的な研究で、

知恵を絞り頭をフル回転させ、オリジナルの考えや発想の、大切と面白さに、気づいたか?

(2)大なり小なりに関わらず、集団生活で自分の居場所を確保し、仲間を作り

周りを巻き込み、目標に向けて集団をまとめ、または支え、励ましあって、協力しあい

目標を達成してきたか?

(3)多少の失敗をおそれず、挑戦し、努力し、時には挫折をし、最後まで続けたか?

(4)面接の時に、学生時代の経験として、どうどうと自信を持って、自分を表現するに

ふさわしい話題があるか?

どうもこの辺が、就活の必勝法なるのもではないかと感じている。

「基礎学力」と「人間力(社会人基礎力)」

いってみれば、生まれてからの「生き方」そのものが、本人の性格や人格を

形成している。

そして大学時代は社会人になるための準備期間として、一人の大人としての

人間形成時代であり、その人の人間的魅力を形成し成熟させる大切な時代である。

就活での面接では、学力よりも「人間力」を観られている。

就活は「就活以前の学生時代の充実度で決まっている」と強く感じている。