高速でセキュアな次世代ネットワーク

世界中のIT競争が激化している中、1時間あたりのウィルス出現は2万件を超え2018年時点では既存インターネットの限界と言われていました。
モバイル&クラウドの成長。AIの出現。2020年には5Gが登場します。
『また』インターネットの潮目が変わろうとしています。
新型コロナの影響によりテレワークを導入する企業が増え、ニューノーマル時代が到来しようとしている世の中で、

企業はセキュリティの在り方・ネットワークの見直しが求められることでしょう。
そこで当社で実証実験を行い、選定した次世代セキュリティネットワークの構築をご提案いたします。

 

Active Directory / Azure Active Directory

オンプレとクラウドのID一元管理

Azure DNS

セキュアなインターネット環境を実現

高速社内LAN高速Wi-Fi

高速LAN、次世代Wi-Fiで高速通信

Windowsファイルサーバー

一次バックアップ&二重化

Microsoft365

AIが守る究極のセキュリティ

Windows Defender

Virus対策ソフト不要のWindows標準

4G/5G回線の冗長化

災害時に5Gドングルでのネットワーク接続

障害検知サービス

Azure上のWindows10をリモート利用

 

 

 

Active Directory / Azure Active Directory
オンプレとクラウドのID一元管理

-アカウント管理、デスクトップ管理、機密情報管理 -
Active Directoryはセキュリティ基盤を強化する第一ステップです。
さらにMicrosoft365利用者はAzure Active DirectoryとActive Directoryを連携することで、
社内サーバーとクラウドシステムの全てのIDを一元管理が可能。

Microsoft365

ユーザーがより生産性を高めるために、テレワークに最適なコミュニケーション
プロジェクト管理、インテリジェントデータ分析、世界標準のメール・スケジュール
AI搭載のビデオツール、組織横断型SNSなど
最高水準のセキュリティ上で利用できるソリューションです。

 

 

 

Azure Active DirectoryでIDを守る
条件付きアクセス、ふるまい検知

スマホの登場によってあらゆるサービスにどこからでも接続できるようになりました。-
しかし、利用しているサービス・アクセスするアカウント・どこから接続するのか・誰が使ってるのか
企業の皆さん把握されていますか?
Azure ActiveDirectoryはIDを一元管理でき、IDを徹底的に監視します。
あやしい動きは人工知能が即座に判断し、情報漏洩を防ぎます

デバイス管理
リモートワイプ

居酒屋でスマホを忘れた。出張した飛行機の中でスマホを落とした。
宿泊先でノートパソコンを忘れた。

よく聞く出来事です。個人の所有物ならばまだしも、会社の管理物となると大変です。
きっと機密情報が沢山あることでしょう。
Intuneを利用すれば遠隔で機密削除してくれます
しかも、Microsoft365の情報『だけ』だってできます。

 

 

 

Azure Information Protection
情報は元から守る(コピペ禁止、スクショ禁止、印刷禁止、編集も禁止)

ID・デバイスを守っても情報自体が漏れては意味がありません。
クレジットカード情報を記載したWordで作った契約書
重要な顧客情報一覧が記載されているExcelファイル
ノウハウが詰まった社外秘のPowerPointの資料
情報の『元』に保護をかけ、セキュリティレベルを高めましょう。

Azure Information Protection
ファイル閲覧場所特定 -遠隔でアクセスを取り消す-

許可した相手の、セキュリティ環境ってわかりますか?
ほとんどの場合はわからないと思います。
では情報がそこから漏れていたとしたら?

情報の『元』を守るAzure Information Protectionの真髄
いつ、どこで、誰が、どのファイルを開いたか地図上で閲覧可能
遠隔でもれたファイルを制御する

 

 

Azure Active Directory
Advanced Threat Protection

次世代型セキュリティ(Azure ATP)

クラウド ベースのセキュリティソリューション + Active Directory シグナルを利用し て、
組織を対象とする高度な脅威、侵害された ID、および悪意のあるインサイダーによるアクションの検出を行います。
■特徴機能■
『怪しいユーザー』『怪しいコンピューター』怪しい・疑わしい攻撃者を、
魅力的な名前(adminなど)でおびき寄せ、原因を解明する機能です。

Defender Advanced Threat Protection
進化したMicrosoft365 Defender ATP -地球規模のセキュリティ-

Windows OSは10億台以上の端末にインストールされており、OSの世界シェアNo.1です。
世界中の脅威とビッグデータを、あらゆる角度から集約し、
膨大なセキュリティ情報をAIと機械学習を駆使して分析を行います。

企業のクラウドベースのセキュリティレベルをもう一ランク上げる
とっておきのソリューションです。

■機能■

-統合管理-
-脅威インテリジェンス-
-セキュリティスコア-
-Endpoint Detection and Response-

 

 

 

 

Wi-Fi 6対応 高性能Wi-Fi
モバイル活用の必需品社内LANのワイヤレス化

米国防総省でも採用される高セキュリティWi-Fi。
40台を接続しても切れない安定感。
未許可のアプリ通信を制御するビジネス仕様。
同じSSID事業所を移動しても接続可能。
ActiveDirectoryのIDでユーザー認証。
未許可の端末からのアクセスを遮断。
監視ツールによる障害検出

止まる前に検知
障害監視クラウドサービス

社内のサーバーやネットワーク環境の障害予防と、障害発生時の原因特定を迅速に行います。
メーカー/機種問わず、クラウド上のサーバーも監視対象。
しきい値設定で異常反省、メール/パトランプで通知。
サーバーパフォーマンス、拠点間ネットワーク障害、
死活監視

 

Azure事業やネットワーク事業を知る