新卒採用開始しました!

リクナビ、または個別連絡にてエントリーお待ちしてます♪


随時Webにて個別説明会実施中!こちらからご連絡ください。           
記載必須事項:氏名・学校名・学部名・携帯番号  任意:希望日     

 

お預かりする個人情報に関しては当社の採用活動以外に使用されることはなく、第三者に開示することは一切ございません。
当社のセキュリティポリシーについてはこちらを参照願います。また送信の段階で、個人情報の提供について同意いただけたと判断させていただきます。   

テクノアートってどんな会社?動画でご覧ください。

※音量にご注意ください。


東京? メじゃない!

「九州でも出来る。九州だからできる。そんなハイテクベンチャーになりたい」
大手コンピューターメーカといえども、一軍レギュラー社員は東京に集結し、福岡は二軍、熊本は三軍なのかもしれません。
二軍三軍には負けてはいられません。
だからこそ、テクノアートは「九州最強チーム」を目指しています。コンピューター技術の本場は残念ながらアメリカです。中国、インドも先進国です。日本は世界から見れば「ど田舎」かもしれません。
そんな日本の中で、「東京だ、九州だ」と言っても、五十歩百歩です。アメリカから見れば東京も熊本も同じ距離。
「世界の田舎である東京ですら出来るのに、九州で出来ないはずがありません」

私の前職は九州の電子部品会社の研究所勤務でした。世界シェアの60%を誇る製品を熊本で研究開発し生産していました。
「テクノロジーは場所を選ばない」
これは私の信念です。
ほんとに優秀な人材と適切な開発環境さえあれば、どこに居ても世界基準の仕事ができる。

「Uターンの受け皿企業になりたい」
少子高齢化の進展で、長男長女の時代になって、地方に帰りたい人が多くいます。
親の面倒をみれて、子供を海、山のある自然で育て、質の高い仕事さえあれば、九州は最高の環境です。
そんな人たちに東京に負けない質の高い仕事と環境を準備して待っています。
「みんな!帰ってこい!」

代表取締役 松脇 秀三郎

こんな人を求めています

九州のお客様に東京に負けない、いやそれ以上の「世界基準」のシステムを提供する。そしてお客様が成長し発展する為の「縁の下の力持ち」になりたいと願っています。
コンピューター技術の進化は目覚しいものがあります。まさに日進月歩です。ですから我々も日々勉強です。

「コンピューターが大好き」「人の役にたつ仕事がしたい」これが基本です。「新しいもの好き、好奇心旺盛」「素直」だったらもっと良い。「スポーツ大好き、体育会系のIT技術者」「やんちゃ坊主」だったらぜひおいで。「歌って踊れるエンジニア」ちょっと理想です。

学歴、年齢、男女の差なんて関係ありません。あなた自身の価値「人間力」の勝負です。ただし、「きついのいや、勉強いや、仕事は食うためにやる」こんな人はご遠慮します。「会社は自己実現の場」です。
素敵な人生を生きる為に、一流の技術者になって頂くために、資格取得制度や先輩やチームで皆さんを応援致します。

 

新しいもの好きのテクノアート

九州で最初にノベル社のNetWareを始め、Lotus社のNotesDOMINOに特化し、PC版ORACLEも最初でした。
PDAの開発もIBM社WorkPADから開始し、JAVAも九州最初で、IPAの助成金で生産管理(e-ManuWorks)、販売管理(e-hanbai)のパッケージを開発し、JAVAをさっさと捨てました。
スマホやクラウドサービスの普及で技術は進化しました。システム開発のアーキテクチャも大きく変わり、従来のサーバーを主体とした開発から、
コンテナ技術やPaaSを利用した次世代クラウド開発でモバイル開発、Web開発、IoT/AIに取り組んでいます。

 

 技術革新は何故おきるか?

それはもっと良い物が欲しいという人間の基本原理です。枯れた技術の価値は認めますが、コンピューター技術はまだまだ成長過程にあります。

テクノアートは新しい技術、世界基準の技術を早く検証し、習得し、安定したシステムとして仕上げる。このために日々学習が続きます。

 

毎年新しい資格を取れ!

「技術は目に見えない。でも、目に見える形にしないとお客様が安心できない。だからこそ技術の資格取得にこだわります」単なる本読みでも「広く浅く」学習できます。仕事を通してでも技術や知識は身につきます。しかし「狭く深い」技術です。資格取得の為の学習を通して「広く深い」技術に進化させて欲しいのです。「広く深い」知識を持つ技術者は一流です。
センスの良いシステムを設計する為なのです

先輩の声

SE Aさん(28歳)
2016年入社
SE Bさん(29歳)
2016年入社
営業 Cさん(23歳)
2020年入社

要件インタビューから納品まで
弊社だけで完結するところに魅力を感じました

SE Aさん(28歳)
2016年入社
クラウド事業部所属(本社勤務)

テクノアートを選んだ理由、決め手は?

システム導入から保守まで社内で完結するが魅力的だと思ったからです。
プロジェクト先で出張に行くこともありますが、基本開発は社内ですし、設計から開発まで社内で完結する点は魅力だと思います。また下請けの仕事もなく、転勤がない点もいいと思いました。

 

現在担当している仕事は?

現在はシステム導入やプログラミング、保守を担当しています。
システム導入から保守まで幅広くいろんな仕事を任せてもらっています。

 

この仕事で一番嬉しかったことは?

先輩社員に素敵な方が多いことです。
初めてプロジェクトに入って開発に携わったときや、自社製品の販売管理システムの改修プロジェクトに入って開発をした時、先輩社員の方が様々な面で気遣ってくださったことが嬉しかったです。事業部を超えて面倒を見てくださった方や仕事の振り方を考えてくださったり、達成感を感じるような指導法をしてくださったり、元気づけるような言葉をかけてくださったりなど、感謝してもしきれません。とにかく先輩社員に素敵な方が多いと思います。

 

後輩へのメッセージを!

自分が人生において何を大切にしたいのかをしっかり考え、それを守れる会社に就職して下さい。

地元九州から世界に負けない
サービスを提案できるところに
興味を持ちました。

SE Bさん(29歳)
2016年入社
Azure事業部所属(福岡事業所勤務)

テクノアートを選んだ理由、決め手は?

地元九州で暮らし、働くことができるからです。
九州で生まれ育ったこともあり、地元九州で働きたいと考えていました。弊社は本社を熊本に構え福岡に事業所があります。勤務地が福岡あるいは熊本ということで興味を持ちました。「九州でもできる・九州だからできる」という会社の理念が入社した決め手です。九州からでも東京・世界に負けないサービスを九州のお客様に提案できるというものです。

 

現在担当している仕事は?

現在は主にWebアプリケーションの開発・運用を担当しています。
お客様の業務を支援するシステムを担当しています。案件にもよりますが、システムの用件をまとめる要件定義や仕様決定から携わり、設計・開発・テストまで実施します。納品後も運用・保守として、問合せに対応したり不具合の修正や機能修正を実施したりします。その他にもOffice365やAzureなどの導入・カスタマイズを行うこともあります。

 

この仕事で一番嬉しかったことは?

お客様から「とても使いやすいです」とのお言葉を頂いたことです。
お客様の見積もりを管理するシステムの開発案件で、お客様の要望を基に仕様を決めていく段階から携わらせていただいたプロジェクトがありました。ニーズを正確に判断し、自身の技術や知識・アイデアをフル活用しお客様によってより使いやすく、より効果的なシステム像を目指し提案を行いました。仕様決定は難航する部分も多く、苦労も多くありました。お客様にご納得頂ける使用に落とし込めた時や、実際に実装して触って頂いた際に「とても使いやすいです」とのお言葉を頂いだ際にはとても嬉しく思いました。
お客様自身の中の言葉になっていないニーズを汲み取り、技術的な制約や周辺機器との噛み合いも踏まえぴったしな仕様を提案、実装することはい干す地縄ではいきません。しかし達成した際には大きな充実感があります。

 

後輩へのメッセージを!

働いていくうえで何を優先するのかを考え、自身にとって納得の行く会社を選び抜いてください。

 「九州最強チーム」
という言葉に惹かれて
その一員になりたいと思いました。

営業 Cさん(23歳)
2020年入社
Azure事業部所属(福岡事業所勤務)

テクノアートを選んだ理由、決め手は?

説明会で社長の話が魅力的だったからです。
私は勤務地を一番大切に就職活動をしていました。弊社の採用ページを見て「九州でできないはずがない」「九州最強チーム」という言葉にとても興味を持ち説明会に参加しました。決め手になったのは説明会で社長の話を聞いたことです。社長の話を聞いてワクワクしている自分がいて、正直働くことに前向きではなかったのでこんな気持ちになるのは無駄にしちゃためだ、と思ったのが決めてになりました。

 

現在担当している仕事は?

現在はデジタルマーケティングを担当しています。
ホームページや動画編集などを行っています。何度も打合せをしたり直したりと大変ですが、完成したときはすごく達成感ややりがいを感じます。初めは何もできなくて何度も確認したりたくさん機能を触りながら進めていました。たくさん触ったことで色々な組み合わせ方なども見つけることができるようになりました。

 

この仕事で一番嬉しかったことは?

自分が作った動画を活用してもらえた時。
自社製品の紹介動画を作成し、それを営業などで活用してもらえた時が嬉しかったです。入社して半年ほどだったので製品内容を理解できていないところがあり、担当者の方から話を聞いたり伝えたいポイントを確認しました。何も聞かずにイメージだけで作る動画より、たくさん確認して作る動画の方がより良いものになりました。今自分が何に躓いているかなど、状況を伝えていくことがとても大事だと気づくことができました。

 

後輩へのメッセージを!

本当にしたいことが何なのか明確になっていなくて、ざっくりしていても大丈夫だと思います。自分の中で一つ ”核” みたいなものがあるといいと思います。その会社に決めた理由やどこに行くか決める時に大事になる部分だと思うので、何か一つ見つけて頑張って下さい。