顧客との関係性を一元管理


 一般的な顧客管理とは違い、顧客との関係性を一元で見える化できます。社内の誰と誰が、顧客の誰と誰に接触しているのか。接触ポイントを管理することで、今まで見えなかった顧客との関係性が可視化できるようになります。例えばスマートフォンから電話をかけたり、メールを送るだけで、接触履歴が残すことができます。さらにサポート担当が扱うクレーム対応も、内容を確認しながら同じ画面でメールの送信ができるので新人が対応しても保守の対応品質が保たれます。契約情報を含めた顧客との接触の全てが紐付けされるため部門間の情報連携や資料の共有が簡単に取れるようになる新しい顧客関係性管理です。

Sales

デジタルインテリジェンスを活用して顧客ニーズを予測し、最適な営業体制でリレーションシップを築いて、収益を上げることができます。

Customer Service

セルフサービス型、ピアツーピア型サービス、支援サービスのすべてにわたり、顧客に対するサービスエクスペリエンスの提供を統合します。

Marketing

Adobe Marketing Cloudを活用して、顧客の関係性を強め、維持します。顧客体験を印象付ける包括的なマーケティングサービスが利用できます。

モバイル

タブレットやスマートフォンを使ってメモ、タスク、添付資料と、関連するサービスや営業のレコードを更新できます。職場でも外出先でも高い生産性を維持しながら顧客に対応する必要がある忙しいビジネス プロフェッショナル向けのソリューション

AI

競合優位性を確保する上で鍵となるのが AI です。データを処理することで人間の能力だけで容易に検出できない買い手のニーズと傾向の変化を捉えます。販売担当者のスキルと能力を強化し、顧客エンゲージメントを変革して、販売実績を向上させます。

Office365連携

連携機能が豊富にそろっており、別のアプリケーションであることを意識することなくシームレスな連携が可能になります。メール・スケジュール・SNS・テレビ会議・SharePoint・OneDriveなど


顧客との関係性を可視化


【社内の誰】が、【顧客の誰】と、コミュニケーションを取っているか一目でわかるようになります。全ての接触履歴が顧客情報に集約されるので企業同士の関係性が可視化できます。また、営業活動をプロセス化することで【誰に・何を・どやって】営業すればいいか計画(行動管理)を立てやすく、さらにモバイルから日報・活動を登録できるので、報告のために会社に戻らなくてよく時短に繋がります。​当社で非常に効果・結果が出たツールですので是非ご覧ください。

導入事例 2年で見込顧客800社! 福岡市 サービス業 社員数50名
 20年後も会社を安定して存続させる!を合言葉に顧客管理を一から再構築。それまで、過去の取引先や展示会での名刺交換のリストを集めて顧客管理していたものを、今後お客さんにしたい会社を企業情報から6,000社ピックアップして自社のファンになって貰うためのプロセスを細かく管理する方法へ。「誰に」「何を」「どうやって」売るかを見える化することで、営業の訪問件数が2倍にアップ。新規顧客開拓のやり方も一緒に見直す事で、元々、技術畑で営業の素人だった会社が導入後2年間でイベントの集客力が1.5倍!見込客800社アップを成し遂げた。

導入支援サービス


※利用者50名規模の企業さまでの例