地方とベンチャー

地方とベンチャー (2001.8.4熊本日日新聞夕刊 第五回)

 

ITベンチャーは地方では難しい、と言われたにもかかわらず創業して10年経った。

地方は情報、人材、ビジネスチャンスが少なかったから、そう思われて当然であった。

 私が幸運だったのは、インターネットの普及で情報の地域格差が縮小し、高速道路や
空港の整備で、九州圏内はもとより東京すらも2時間圏内になったことである。

東京は住むには過酷だが、仕事には欠かせない。

だから必要なときだけ東京へ行っている。

確かに交通費はかさむが、安価な生活コストと自然環境を考えると熊本に住むほうが
はるかに豊かだと思っている。

最近は「熊本でも出来る」と思えるようになってきた。

そして「熊本だから出来る」を目指している。

 やりがいのある仕事さえあれば、両親や親戚が周りに居て、子供を豊かな自然環境
の中で育てられる熊本が一番良い。

しかし仕事が少ないから、若者が流出し少子高齢化が急速に進行している。

しかも情報も少なく、市場規模も小さい地方ではなかなか企業家は生まれない。

おのずと地方が元気を失ってきた。

 しかし最近は状況が変わってきた。

国を挙げてのベンチャー支援ブームだ。

熊本も企業化支援センターやテクノ財団など多くの支援団体が資金面から
経営面まで指導してくれる。

私の創業時とは大違いだ。

こんなチャンスを大いに活かし、多くの企業家が生まれてくることを期待している。

私も参加している九州ニュービジネス協議会も福岡、鹿児島に続き熊本でも
企業家と支援家のマッチングセミナーを10月に企画している。

 ベンチャーと聞こえはいいが実態は中小企業であるから、毎日の仕事は地味で厳しく、
努力の積み重ねである。

資金力も組織力も大企業には及ぶべくも無い。

ただ若さとアイデア、そして夢を原動力にして成長していきたい。