コンテキスト・コンピューティングとは?

R・スコーブルとS.イスラエル著「コンテキストの時代」は面白い!

コンテキストとは文脈、前後の事情、背景という意味から、顧客の過去の購買履歴や現在の状況から、顧客が欲しいと思われるものを予測して提案する「コンテキスト・マーケティング」がITの世界で注目されている。

著者によれば「モバイル」「SNS」「ビッグデータ」「センサ」「位置情報」が「5つのフォース」としてコンテキストの構成要素として定義しています。

私流に解釈すれば、さらには「クラウド」「人工知能」「機械学習」「行動履歴追跡」「オープンデータ」などのキーワードが構成要素にある事は言うまでもありません。

さてさて、新しいキーワードと共に、新しいITの世界がはじまりそうです

たのしみですね!