ジョブズ氏の残したもの

2011年10月5日スティーブジョブズ氏が他界した。

私にとって、尊敬するスティーブジョブズ氏の死は衝撃であった。

1976年6月AppleⅡが発売されたのが、私が19歳

1984年1月Macintoshが発売されたのが、私が27歳。私もこの年購入した。MicrosoftEXCELもヴァージョン1.0からのユーザーでもある。

1988年秋NextCubeが発売されたのが、私が31歳。私もこの年購入した。

2001年 MaxOX-Xが発表

2005年6月12日スタンフォード大学の卒業式で「Stay hungry, stay foolish.」

2007年1月9日iPonesが発表

2010年1月7日iPADが発表

スティーブジョブズ氏は本当に天才だと思っている。

素晴らしい感性と先見性は、今日のコンピューター文化の構築に大いに貢献していると確信している。

彼に触発され、彼の次のアイデアに好奇心が踊っていた。

IT業界の未来を構築していた数少ない天才だった。

私はこの訃報に触れた途端、愕然としてしまった。

なにか、師を失った弟子の心持だったのかも知れない。

人類は大きな財産を失った。それぐらいに思える程、私の衝撃は大きかったのだ。

悲しい、寂しい、残念。。。。。。

彼の残した言葉が脳裏に焼き付いている。

「Stay hungry, stay foolish.」

ぜひ、YouTubeで検索してほしい

iPhone4Sは for Steve とも言われている。